ワークフローサービス

ワークフローシステムは紙ベースの業務を電子化することによって、一気に普及したものとなります。煩雑な作業を簡略化することによって、業務の効率化にもつながるものとなっています。これまではソフトウェアのパックとして販売されていたものですが、現在ではWebベースでのシステムサービス提供という形でも利用できるようになってきています。 クラウドとの組み合わせによってシステムの構築やメンテナンスもかなり手軽に行えるようになってきています。業務の流れを常に効率良くするための検証が行われるようなケースでは、ワークフローへの反映が簡単に行えなければ不便なものです。その点において、柔軟に対応できるように取り組まれているわけです。

ワークフローサービスを利用するためには、まずはどのような形を導入するのかを決める必要があります。社内システムとして構築しておくのか、それともWebベースによって端末を選ばずにアクセスできるようにするのか、などです。最近では出先からも決裁処理を行うことができるようにと、Webベースでのシステムを選ぶところが増えています。 また、ワークフローシステムを構築するにあたって、業務内容の見直しをしておくことも大切です。その流れを極力簡略化するために、特に部署間でのやりとりに関するマニュアルを見直しておくことが必要となります。それぞれの部署における利害を求めるのではなく、全体の効率を高める視点において話し合いを行うことが大切です。